雨漏りが発生した際の応急処置

subpage1

雨漏りが発生した際には可能な限り早く修繕をする必要がありますが、業者が来るまでの間の急場しのぎとして行える応急処置もあります。

雨漏りについて紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

ではその応急処置としてはどのようにすれば良いのかと言うと、基本となるのはビニールシートによる防水です。



そもそも雨漏りというのは雨粒が屋根に落ちてから、屋根の穴や劣化した部分から屋内に侵入してくる症状のことです。

屋根自体が水を出しているわけではないのですから、ビニールシートで雨が被らないようにしてやればある程度の対策にはなります。
ただビニールシートを敷いただけではすぐに風で飛んで行ってしまいますから、まずは屋根に対して十分な大きさのあるビニールシートを用意して、雨漏りが発生している箇所にかぶせてください。

そうした後はビニールシートが飛んでいかないように四隅に荒い砂利を詰めた土嚢か、水を入れて使うウォーターバッグを配置しましょう。

これで最低限の風対策は出来たということになりますが、これだと横風に乗った雨粒がビニールシートの隙間から侵入してしまうことがありますから、防水テープやアルミテープでビニールシートの端を屋根に張り付けて完成です。

47NEWSのお役立ち情報はこちらのサイトです。

ただこれはあくまでも応急処置であって、雨漏りを根本的に解決するものではありません。
一応の急場しのぎにはなりますが、本格的な修理をしない限り雨漏りは悪化していくリスクがありますから、応急処置をした後は早く専門業者を呼んで修繕してもらうようにしましょう。